EN SNS link

Online Store わざっか本舗 INDENE?

MENU
ENGLISH SNS link

Online Store わざっか本舗 INDENE?

Blog | 2022.03.01

『ムロツヨシ、バナシ.28 muro式.トークライブ』にて永野宗則さんの衣装提供をしました。市松デニム羽織を着用していただいています。

3/1 東京・Zepp DiverCity Tokyoでトークライブ『ムロツヨシ、バナシ.28 muro式.トークライブ』を開催。『muro式トークライブ』にて 俳優の永野宗則(ながの むねのり)さんが市松デニム羽織 グリーン×インディゴ カラーを着用しました。

ムロが、やりたい役者・脚本家と「やりたいことをやる」というコンセプトで、2008年から10年間、ほぼ毎年開催してきたライフワークとも言える舞台『muro式』。18年に開催した『muro式.10』をもって一旦は幕を閉じたが、野外でトラックを使用した『muro式.がくげいかい』として再開した。

がくげいかい公式HP

■『muro式.がくげいかい』
【出演】西野凪沙、本多力、永野宗典、ムロツヨシ
【脚本】ふじきみつ彦
【メインテーマ】東京スカパラダイスオーケストラ
【演出】ムロツヨシ

2017年11月以来、4年4ヶ月ぶりとなるトークライブを、有観客と配信で行ったが、ORICON NEWSでは、その模様を独占取材した。詳細はORICON NEWSよりご覧になれます。

動画はこちらから

「無断転載禁止」

羽織:市松デニム羽織

サイズ:M・L

素材:綿100%

参考価格 税別¥25,455(税込¥28,180)

ブラック×インディゴ・イエロー×インディゴ・グリーン×インディゴ・ブルー×インディゴ・ホワイト×インディゴ の5色展開しており、男女兼用で使っていただけます。

市松柄というとわからないかもしれませんが、東京で開催されたスポーツ大会のロゴにも採用され、またアニメキャラクターの衣装など、見覚えがある方も多いかと思います。

実は、市松柄は、日本の伝統模様であり、さかのぼること江戸時代、人気歌舞伎役者、佐野川市松が愛用し、庶民の間で大ブームを起こした柄でした。

「市松柄で、しかもデニムだったら、洋服にあわせやすいんじゃないか?」

この市松柄デニム生地を調べたところ、なんと、岡山県の児島、というデニムの一大産地のものでした。あのビッグネームの企業のデニム生地もここで作られているとか…

市松柄デニム生地との運命の出会いから、「なんとか羽織を作りたい!」と思い、縫製工場を探しにいき広島県福山市にてこちらの商品を縫製しています。

Back to list

Contactお問合せ

サービスや製品に関するご質問・資料請求は、
以下よりご連絡ください。
TEL 052-231-0301
営業時間:am9:00 - pm18:00
休日:土日祝日

お問合せフォームはこちら